蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

南会津採集報告

 先週の週末は南会津へ採集に行ってきた.
パーティーは1年と大橋(2日目合流)というメンツ.まず一日目は栃木の土場を経由して南会津方面へ.2年ほど前に見つけた土場なのだが,新しい材が多く,状態は良かった.早朝だということもありカミキリの全体数は少なかったが,チャイロホソヒラタ,ハネビロハナ,ヤツメ,ヒゲナガシラホシなどが採集できた.



b0218371_15431484.jpg
絶好の採集日和
b0218371_1542482.jpg
古いクヌギの材とハネビロハナカミキリ
b0218371_15421279.jpg
ハネビロハナカミキリ Leptura latipennis

 密かに集めているナガクチキは,ボウズナガクチキとアカアシナガクチキが採集できた.
b0218371_15421431.jpg
アカアシナガクチキ Melandrya mongolica

帰りがけにハルニレの葉をスウィーピングすると,ニセヤツボシがネットイン.やはり良いカミキリである.
b0218371_15501825.jpg
ニセヤツボシカミキリ Saperda mandschukuoensis

 栃木を後にしてメインである南会津へ.土場に各駅停車しながら道路沿いを攻めていく.一か所めの土場ではオオマルクビヒラタ,ハイイロハナ,ツヤケシハナ,エグリトラ,ハンノアオを得る.ハッキリ言って微妙だったのですぐに移動.
b0218371_1553497.jpg
二ヶ所目の土場
b0218371_15535361.jpg
ハイイロハナカミキリ Rhagium japonicum アカマツの伐採木に来ていた個体

 二か所目.ポイントに着いてまず目についたのがキバネツノトンボ.そこら中に飛んでいる姿は圧巻であった.土場ではカラカネハナを摘む.
b0218371_15582234.jpg
キバネツノトンボ Ascaraphus ramburi

そこから程近いところにも土場があり,「オヤジ」ことゴマフカミキリが大量にいた他,クロヒラタやキスジトラ,シロオビトラを採集した.
b0218371_1601632.jpg
土場Ⅲ
b0218371_161382.jpg
ゴマフカミキリ Mesosa japonica
b0218371_1602030.jpg
クロヒラタカミキリ Ropalopus signaticollis

 ここまでは寄り道的な感じであったが,目的としていた貯木場に到着.多種多様な材が有り,見るからに環境が良い.さっそく広葉樹の新鮮な材に(シナノキであろうか)シナカミキリがベタベタ張り付いており,4人で興奮しながら採集した.シナがいた材では,チチブニセリンゴやシロトラも産卵していた.
b0218371_1654455.jpg
貯木場で採集する際は許可を取るのが基本.
b0218371_1604313.jpg
シナカミキリ Eutetrapha sedecimpunctata sedecimpunctata

 巨大なトネリコの材もあり,藤沢が「これ何ですかねぇ」と持ってきたのはなんとムネマダラトラだった.あわてて探すも「ここにいますよ」と指をさして教えてくる.何という屈辱.結局自分で見つけられたのは小さい♂1匹であった.聞くと,でかい♀に飛んで逃げられたとか…私が最初に見ていればこんな事にはならなかったのに,やってくれる.その後,逃げられた♀を捕るために30分程粘ったが発見には至らなかった.(今度は一人でこっそり来よう)
b0218371_1602929.jpg
このシルエットは・・・!
b0218371_1603668.jpg
ムネマダラトラカミキリ Xylotrechus grayii grayii

 貯木場の先にあった小規模の土場では宮尾がコブヤハズカミキリを仕留めた.ブナが積んであったため,ムネアカホソツツシンクイが飛来していた.

 明日から山形での採集になるため福島を離れる.移動中に大規模な貯木場を発見したので寄ってみる事に.日が傾き始めていて単調なカミキリしかいなかったが,日中に訪れた暁には相当な量のカミキリが捕れたことだろう.結局この土場ではスギ,チャイロホソヒラタ,ハネビロハナ,ツヤケシハナ,ミドリ,オニグルミノキモン,キモン等が得られた.
b0218371_1605098.jpg
もっと早く見つけていれば・・・!!






 この日はこれにて採集終了.糞虫屋の山本は期待していた牧場が閉鎖されていたため終始不貞腐れていたが.カミキリ的には幸先が良かった.

山形編に続きます.

[PR]
by wriggle00 | 2011-06-14 16:21 | Insect collecting