蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

掃除が捗りません

 昆研の自分のデスク回りもそろそろ片づけなければならなくなってきた.とりあえず印篭箱に入っている標本をドイツ箱に移す作業を始めた.
b0218371_16442461.jpg
今日はアオゴミ箱を整理.
b0218371_161989.jpg
ホソキボシアオゴミムシ Chlaenius (Lissauchenius) rufifemoratus Macleay,1825. 
Callistinaeの中でも一番思い入れの深いのがこいつ.
 石垣島で一頭捕り逃がし,与那国島でススキを死ぬほどビーティングして手に入れた思いでの虫である.ビーティングネットに落ちてきた時は狂喜乱舞したのを思い出す.
 昼間はイネ科草本の葉と茎の隙間に潜んでおり,隙間に入り込むのに適した扁平な形態をしている.夜間は草本上から降りてきて別の草へ移動したり,地面で摂食活動を行っていた.動きが半端なく速く,地面に降りてしまった個体を素手で捕らえるのは困難.
b0218371_16143655.jpg
各地にごく普通に見られる地表性のキボシアオゴミムシ(神奈川県)と草上性のホソキボシアオゴミムシ(与那国島)の側面から見た画像を作ってみた.比べてみると相当薄っぺらい事が分かる.Hexagoniaほどではないが.
[PR]
by wriggle00 | 2013-03-01 16:41 | Carabidae