蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

保津峡カミキリ探索

5月6日
 大阪近辺でのマイフィールドを開拓するべく,仕事の空き時間は何時もスマホのGoogle MAPで航空写真を眺めている.電車代やらを考慮して吟味した結果,今回は保津峡駅周辺の山塊に出撃することに.
 自宅の最寄りの地下鉄から大阪駅まで行き,京都線で京都駅へ.そこから嵯峨野線に乗り換えればすぐにこのポイントに着く.片道一時間程で行けるのも嬉しい.駅の周囲からすでに景色が良く,直下を流れる保津川渓谷では川下りなどが楽しめるらしい.
b0218371_17551218.jpg
駅も見晴らしがよく,灯火採集もできそうだ.
 駅からすぐに舗装された林道が続いており,手軽に採集に来たいときには良い感じ.開花している花はフジ,カエデ,ガマズミくらいだが,ミズキやリョウブも生えているため6月頃にもまた来ようと思う.
b0218371_1812539.jpg
林道は非常に歩きやすく,花も掬いやすい位置に多い.
b0218371_17562760.jpg
ガードレール上にいたアオハムシダマシ.日本産は3種群,5種亜群,14種に分けられる.様々な花に訪花するが,ここではアカマツの花に良くいた.
 ガマズミやコゴメウツギには多数のハナムグリが飛来していた.大きさから全てアオハナムグリだろうとスルーしていたが,よく見るとナミハナムグリだったので急いで回収.「ナミ」という名前だがそこまで並ではない.
b0218371_2014742.jpg
ナミハナムグリ Cetonia pilifera pilifera Motschulsky, 1860.
アオハナムグリよりかなり毛深いのですぐ分かる.ここではナミ9:アオ1くらいの割合でナミが多かった.関東では考えられない.
 林道を進んでいると時折大型甲虫の羽音が聞こえてくる.羽音が聞こえると身構えてしまうのは虫屋の病の一つだがこの時期に活発に飛んでいる甲虫と言えば・・・
b0218371_1942224.jpg
オオセンチコガネ Phelotrupes auratus auratus Motschulsky,1857.
 関東の色より若干緑っぽいくらいで殆ど変わらない.ちょっとがっかりである.お馴染みの虫達を摘みながら林道を上っていくと最近できたと思われる小規模な土場が.
 樹種はコナラとイヌシデ.気温が高くなってきた事もあり,伐採木の周りを甲虫が飛び始めた.一頭ずつネットインしていくと大半はナガタマムシの一種であり,そこにシラケトラやトゲヒゲトラが混じってくる.ただ,腹部がオレンジ色をした金属光沢のある甲虫も飛んでいるのだが,なかなかネットイン出来ない.飛んでいる姿では全然見当がつかなかったが,散々待った結果幸いなことにコナラの伐採木に止まってくれたので採集出来た.この種の腹板がここまで鮮やかなオレンジ色をしていることは知らなかったのでちょっと感動.
b0218371_20253745.jpg
アオバナガクチキ Melandrya gloriosa Lewis,1895.今回の採集でますます本種が好きになった.ルリクワガタ系を思わせる体色が憎い!!

 さて,林道もそろそろピークに近づき,いい感じの吹き上げになってきた.こんな場所にカエデがあればな~・・・・あるじゃん!!
b0218371_20263829.jpg
素晴らしい立地条件のカエデさん.見るからに虫が多い.
 ハエやハナバチ類もさることながら,甲虫の飛来数もかなり多いことが肉眼で確認できる.中でも気になったのが花の周りをホバリングするように飛んでいる甲虫だ.何かに飛び方が似ているが・・・直感的に思ったのはモモブトコバネ系.しかしこんな場所で,しかもかなりの量が飛んでいる.とりあえずカミキリなのは間違いないのでわくわくしながらアミを覗くと・・・
b0218371_204059100.jpg
??!!全部クラルアじゃん!!
b0218371_20404261.jpg
クビアカモモブトホソカミキリ Kurarua rhopalophoroides Hayashi, 1951.
 素晴らしい.カエデの周りを飛んでいる甲虫は全てクラルア.網の一振りで4~5頭がネットインするので非常に楽しい.他のカミキリは逃すと何処かへ飛んで行ってしまうが,クラルアはその場で体勢を立て直してすぐに花に向かおうとするのでかなり簡単に捕れることが分かった.しかも飛ぶ速度もかなり遅い.もうこの種を狙って材採する必要は皆無となった. 
b0218371_2041999.jpg
シラホシヒメカツオブシムシ Attagenus pellio Linnaeus, 1758.
やや大型のカツオブシムシで外来種として名高い.世界各国に分布している.

 時刻は12時をまわり,吹き上げ効果もあって様々な甲虫が捕れる.カミキリはヒナルリハナ,キバネニセハムシハナ,チャイロヒメハナ,ナガバヒメハナ,フタオビノミハナ,ミヤマルリハナ,ツヤケシハナ,コジマヒゲナガコバネ,クラルア,ホタル,ヘリグロベニ,ベニ,トゲヒゲトラ,ヒメクロトラ,スギノアカネトラ,キンケトラ,クビアカトラ,ヒトオビアラゲなど.
 クビアカトラはかなり早い記録だと思う.神奈川には普通に居たが,思わぬところで出会うと嬉しいカミキリだ.
b0218371_2137199.jpg

 ここの吹き上げではカエデが7株生えていて,カエデによってカミキリの種にバラつきがあって面白かった.クラルアは一番風が当たらないカエデに溜まっているようだ.しかし一番種数が多いのは上昇気流が当たっているカエデ.これが分かってからは殆どこのカエデに集中攻撃をかけていた.
 午後になってからはカミキリの種数は増えないと思っていたが,ここでさらに意外なものが現れる.
b0218371_2115207.jpg
ムネマダラトラカミキリ Xylotrechus grayii grayii White,1855.
 ムネマダラは狙って捕るようなカミキリではないが,偶然トネリコ,クチナシの材で運動会をしているのを目撃するくらいで,個体数はそこまで多くないカミキリである.寄生蜂を真似たようなカラーリングと触角の動きが特徴.前胸だけでなく腹部も斑模様で美しい.
b0218371_2154538.jpg
結局,カミキリの殆どはカエデ任せになってしまったが,環境的にはかなり良好だということが分かったので時間とお金がないときには良い採集地である.
b0218371_2202844.jpg
カエデポイントでのカミキリ
b0218371_21543343.jpg
トガリバアカネトラカミキリ Anaglyptus niponensis Bates,1884. 帰り道にて.

嗚呼,夏が待ち遠しい!!
[PR]
by wriggle00 | 2013-05-19 22:08 | Cerambycidae