蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

淡路セダカ

10月14日
 コブを叩きたい衝動に駆られ,淡路島へ強行.
明石海峡大橋は渡るだけでかなり金がかかるのだが,セダカのためなので仕方ない.目指すのは島の中心にある言わずと知れた某山.一部を除いてかなり乾燥していて,依然訪れた際は本当にコブがいるのか疑ったほどだ.
b0218371_23504415.jpg
山の手前でミツバチの分蜂に遭遇.狙って見れるものではないので嬉しい.
b0218371_23505559.jpg
山を登っていく.通常のセダカ採集のような「これはいる!」という感覚が皆無.
b0218371_23505961.jpg
シケた林道に到着.このエリア以外はクソみたいに乾燥していて虫の影が一切なかった.よくもまあこんなところに生息しているものだ.林内に入るとアオキ,ソヨゴなどの常緑樹が多く薄暗い.アオキの枯葉にはツチイロフトヒゲカミキリが良く潜んでいる.
b0218371_23504880.jpg
ツチイロフトヒゲカミキリ Dolophrades terrenus Bates,1884
長年欲しかったカミキリではあるが,コツをつかめばそう難しい種類ではないことが判明.湿度が高い沢沿いか,風にさらされない程度に低木が密生した場所を見つけるのがポイント.
※今回の虫の写真は採集後に撮ったやらせです.

 ツチイロフトヒゲはそこそこいるが,やはりセダカは少ない.偶然にも1頭アオキに引っ掛かった枯葉で得ることができたが,かなり小さい個体であった.より良い条件の箇所を探して森の中を彷徨った結果,セダカの要塞ともいうべき物件が現れた.
 種類は判らないが多数の蔓植物が絡み合い,林冠から地上へまるで「すだれ」のように垂れており,地面すれすれのところに空間ができ,まさにここにビーティングネットを差し込んでくださいと言っているような物件であった.おまけに沢沿いで湿度MAX!
試に一叩きしてみると・・・・・・あんなに苦労して探していたセダカが一気に6頭も落ちてきた.ツチイロも同様に7頭も・・・
b0218371_23505289.jpg
セダカコブヤハズカミキリ Parechthistatus gibber gibber Bates,1873

6頭のうち3頭が大型の♂個体.これは嬉しい.気を良くして周辺をくまなく叩きまくったが,結局このポイントのみで追加は叶わなかった.

最終的にツチイロフトヒゲは25exs, セダカは7exs. 今年はあまりコブ叩きに行けなかったが最後に良い思いができてよかった.今後乾燥化が進めば淡路島の原名亜種はさらに捕りにくくなるのは間違いない.
[PR]
by wriggle00 | 2013-12-12 00:40 | Cerambycidae