蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

<   2012年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

麻薫る六月

 土曜日はアサカミキリを狙いに言わずと知れた某所へ.
本種は本来アサの害虫であり,戦前はアサ畑で普通に見られたらしいが,戦後の大麻取締法の施行よってアサの栽培が禁止されてから日本全国で激減した.現在では草原に生えるアザミ類に食性転換した個体群が局地的に残っているものの,その後の環境悪化で絶滅した産地も多い.
今回のメンバーはS藤さん,S田(外道),沢田,F澤,M尾,Y本,M屋.
b0218371_1504520.jpg
今回は女の子が一人参加したのでF澤も上機嫌である

 道中の林道は台風で飛ばされたのか虫が少なかったが,栗の花が満開だったため掬ってみる.トビイロ,アメイロ,ツヤケシハナ,トゲヒゲトラ,キイロトラ,エグリトラ,シラケトラ,ホタルなどの常連さんばかり.山頂へ急ぐことに.
b0218371_1511161.jpg
トビイロカミキリ Allotrarioninueus sphaes (Bates,1877)
b0218371_1551573.jpg
ラミーカミキリ Paraglenea fortunei (Saunders,1853)

2時間程登ると山頂へ到着.麻・・・・・ではなくアザミを探す.科も違う植物によく転換したものだ.オープンランドに生えているアザミは他の植物よりも株が大きく,ホストを見つけるのはかなり容易である.新芽の部分が齧られているので「これはいるな・・・」と思っていた時,
F澤の「いたぁぁぁぁぁ!」と言う声が.
b0218371_1532890.jpg
アサカミキリ Thyestilla gebleri (Faldermann,1835)

 この声を合図に全員が一心不乱にアザミを視姦する.色が色だけに遠くからでも発見は容易いが,少しの振動で下に落ちてしまう上,アザミの棘により落下した個体を探し出すのは困難である.初めて採集に来るというM屋も次々と見つけていたので安心した.採集眼は良いようだ.
b0218371_1535587.jpg
ヒマワリの種と形容すべきか・・・
b0218371_1543116.jpg
個人的に白っぽい個体の方が好きだ
b0218371_153129.jpg
今回見つけた一番白い個体
b0218371_151222.jpg
殆どのアザミが加害されていたのを見ると,相当数が生息していそうだ

 帰り道が少々疲れたが,楽しい採集であった.帰宅中,駅のホームで初採集のシラミバエが入った試験管を落として逃げられた以外は・・・
[PR]
by wriggle00 | 2012-06-25 15:40 | Cerambycidae

寄生中

 今週も材の管理に追われていたが,嬉しい事があった.
恐らくSclerodermusかAllobethylusの幼虫である.カミキリ幼虫に外部寄生しているのを見るのは初めてだったのですごく感動した.
b0218371_2014190.jpg
クビアカアメイロカミキリ Pseudiphra elegans の幼虫に寄生しているアリガタバチの幼虫
カミキリの幼虫の表面に食いついているのが分かる.
b0218371_2015512.jpg
拡大写真.完全に寄生している.

楽しくなってきた.

・・・と最近は採集へあまり行けてなかったので,明日はアサカミキリをしばいてきます.
[PR]
by wriggle00 | 2012-06-22 20:10 | Parasitoids

オオキイロコガネ

 5月に採集したオオキイロコガネを冷蔵庫で保存していたのをすっかり忘れていた.雄はお亡くなりになっていたが雌はまだご存命.冷凍庫に入れておけばよかった.写真は生前の姿.
b0218371_14273795.jpg
オオキイロコガネ Pollaplonyx flavidus Waterhouse,1875
b0218371_14273651.jpg
亜硫酸で〆ないと残念な色になってしまう.
[PR]
by wriggle00 | 2012-06-17 14:31 | Scarabaeidae

ぴょんぴょん(跳)

 本日,材を整理していたところ,材箱の中で跳ねまわる奇妙なハチを見つけた.Megalyridaeかと思い,慌てて三田さんのもとへ走る.Megalyridaeだったらどうしようと,心拍数がかなり上がっていた.体長はちょうど10mm.産卵管が無いのでMegalyridaeの雄かと思いこんでいた.
 農博で三田さんを見つけ,お聞きしたところヤドリキバチの一種 Orussus striatus Maa, 1950であろうとのこと.西表島と中国から記録があるが,材からの採集例は恐らく無く,大変珍しい記録である.寄生蜂の中でも非常に特殊なグループで,キバチ類に寄生する.南西諸島ではキバチ自体が稀なので,本種の個体数も相当少ないものと思われる.
b0218371_2102325.jpg
触角が複眼の下から生えている.
b0218371_210629.jpg
可愛過ぎて何枚も写真を撮ってしまった.
b0218371_210428.jpg
動きはウンカ,ヨコバイに酷似している.動画も撮ろうと思ったが,動きが速すぎて無理だった.

 Neoapenesiaの交尾を目撃しておきながら,写真が撮影できなかった失態.コールドスプレーで連結したままの標本を得たかったのだが吹き飛んで外れてしまった.
b0218371_21274342.jpg
腹いせにガチ展足してやった
[PR]
by wriggle00 | 2012-06-13 21:30 | Parasitoids

生態

 Neoapenesiaの産卵実験.
多数の本種が羽化したからこそできる実験である.
b0218371_18354419.jpg

 他にも塩ビパイプ2本にカミキリの糞と木屑を詰めたものをドッキングさせ,中心部にカミキリ幼虫,外側にアリガタバチを入れて「カミキリ幼虫に辿り着けるか実験」等も行っている.ガラス棒でかなりきつく木屑を詰め込んだが,奴らは易々と坑道を掘り,半日程で幼虫に到達していた.
[PR]
by wriggle00 | 2012-06-04 18:45 | Parasitoids