蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

淡路マイマイ開拓

2月9日
4度に渡り淡路島へ行ったにも拘らず,マイマイカブリを拝めなかった.この失態を挽回するべく,5度目の淡路島へ単身で出撃.なんとしてでもマイマイを得るため,今回のターゲットはマイマイカブリのみ.(今までは何かの「副産物」で採集出来ればと思っていたのだが,その程度の覚悟では捕れない虫だと悟った.)

淡路島の山地は極度に乾燥が進んでいるため,山地における個体数はかなり少ないものと予測し,今回は池沼オンリーで掘ることにした.地図で入念にポイントを選定し,(交通費をケチって北淡のみに絞った)早朝4時に大阪を出発.7時には1か所目の沼に到着した.

1か所目ではマイマイが入りそうな木・崖は無数にあるものの,掘っても掘ってもゴミムシ1匹出てこない.
周りの環境からもカタツムリが多数生息しているとは言えず,数十分で移動.
これを繰り返し沼を転々と渡り歩く事態に.こうなってくると焦りが出始める.
序盤で不調なのは良くある事だが,今回は期待が高かった候補地で悉く惨敗.これでは早朝から出てきたというのにこれではまずい.


・・・






時刻は正午.




毒ビンにはまだ虫が1匹も入っていない.


そして早くも最後の候補地である沼・・・

周りの環境を見て落胆する.ここでは捕れない.




午前中を全て使って回った沼の数,10以上.それらの環境と大して変わらないからだ.
事前に見た地図上(航空写真)では大小様々な池沼が至る所にあり,どこでも捕れるだろうと思っていたのだが・・・

そこで,iPhoneで地形図を見てみると納得がいく情報が.北淡の池沼周辺は起伏がかなり激しく,池畔が直接山の斜面に繋がっていた.(山と山の間の谷に沼があるイメージ)私の思い描いていた環境は,池畔林にニセアカシアやハンノキが生えるような河川敷+湿地のような環境.なるほど,この地形・環境では理想の池畔林に出会えないわけだ.

午後13時を回ったところで前回行ったポイント(南淡)の環境と,今回選定したポイントの相違が理解できたのだった.



昼食を摂らぬまま,高速に乗り南淡方面へと急ぐ.念のためこちらのポイントも選定しておいてよかった・・・・・・・・・・
b0218371_1054324.jpg
1時間も費やし到着したのはこのような護岸された池.池畔林そのものは貧弱だが,周辺に流れる細流にはハンノキやバッコヤナギが自生し,河川林のような環境を作っている.とりあえず崖を掘ってみると,アオゴミムシ,ニセコガシラアオゴミムシなどがわらわらと降ってくる.やっと当たりのポイントを引いたようだ.
b0218371_10545896.jpg
池の近くにあった竹林を抜けると,カヤツリグサなどが生える湿地のような環境が出現.木の洞には大量のカタツムリも見られた.

しかし,マイマイの入りそうな崖も倒木も皆無である.ここまで来て坊主なのか・・・・・・・・・・・・・・



その怒りにも悲しみにも似た「やり場のない感情」を思わず傍にあったバッコヤナギにぶつけ,渾身の力を込めて幹を蹴った.
その衝撃で木の先端の部分枯れが粉砕され周囲に散らばる.

かつてウスバカミキリが穿孔していたのであろう.木くずが大量に舞い落ち,目の中にも入ってしまった.まさに泣きっ面にハチである.
b0218371_13515996.jpg
この木の先端が落下してきた.

経験上,蹴って砕け散るような材にマイマイが入っているとは思えない.


コンビニにでも行こうと荷物をまとめた.

今回の採集の出費は大きく,「これなら別のオサムシでも掘りに行けばよかった」と考えるほど気分はマイナス思考に傾いていた.





しかし!!!!!!












俯くと地面に散らばった先ほどの木片の一部が動いているのが目に入る.



何らかの生物が下いるのだろうか.



この大きさの木片を動かせるものがこの時期にいるとするなら・・・・・





b0218371_14131655.jpg
b0218371_14132976.jpg
オオォォオヾ(゚д゚*三*゚∀゚*三*゚д゚)ノシオォォオオ!!!!!!

っしゃあああああ!!!!ついに捕ったった!!!!でけぇよ!!!!!!!やべえよ!!!!!wwww

・・・取り乱しました.





一言で言うと「凄い」.今までのマイマイカブリとは重量・力・迫力が桁外れである.福江島の最大個体と比べるとまだまだ小さいが63mmもある.私の手持ちのマイマイカブリの中では間違いなく最大個体となる.

高い位置の部分枯れ・・・全くのノーマークであった.もしや大型個体はそのような場所でしか越冬しないのか?

以降,自分の身長より高い位置にある朽ちた部分を徹底的に攻める.
3m程の位置なら登って枯れた部分を切り落とし,地面で解体作業を行った.





その結果,1♂,3♀を追加することができた.いずれも大型の個体である.(♀は全て60mmを超えている.)
b0218371_14240091.jpg
大型の♂個体.55mm
b0218371_14240308.jpg
躯部分の形状が素晴らしい♀個体.
先ほどの♀よりは小さいがそれでも60mmは確実に超えている.

採集出来る範囲のものは全て得ることが出来たため,周辺にある池をカーナビで調べて最後の悪あがきをすることにした.夕暮れが近いので追加する
にはこれがラストチャンスになる.

池に着いてみると,予想よりしょぼい環境だった.池畔林は無く,ノイバラが生い茂る草原があるだけ.ノイバラを掻き分けて突入するも,掘れる部分は何故か土が盛り上がったこの箇所しかなかった.
b0218371_14244279.jpg

極僅かな期待を膨らませ,ススキの根元を掘ってみる・・・・
b0218371_14244658.jpg
なんと,5頭×2の集団越冬が出現.
しかし,サイズを見てみると50mm程度の個体ばかり.土に入る個体はやはり小さいのか・・・?


これを最後にコンビニに直行,10時間分のカロリーを摂取し帰路に着いた.

b0218371_14245964.jpg
今回の最大個体.63mm ♀
b0218371_14250308.jpg
エリトラ側面のラインもそうだが,全体の色が濃い印象.
b0218371_14251027.jpg
最大♂.
b0218371_14251418.jpg
♀に対して♂はかなり細身である.脚部も長い.
b0218371_14251981.jpg
大阪市淀川産のコマイマイ(手持ち最大)との比較.
b0218371_14252208.jpg
身体の厚さが・・・・・・・・・


今回の総括

北淡は地形図を見ると起伏が激しく,池畔も直接山の斜面に繋がって池畔林(湿地)が発達しにくい場所であることが分かった.
このような土地であるので、周辺の水田は棚田が多い.
一方,南淡は周囲を標高の高い山に囲まれ,その山の麓から一帯が平野になっていた.

南部山系からの豊富な水により,麓には大型の池が多く,かつ池湖畔及び周辺の細流にはハンノキやバッコヤナギが自生し河川林のような環境を作っている.淡路島の山地は極度に乾燥が進んでいるため,山地における個体数はかなり少なく,このような環境に依存しているものと推察される.


ともあれ,今回の採集は非常に充実したものになった.やはり島のマイマイは面白い.
隠岐や屋久島,福江島の個体もいつか「掘り」で捕ってみたいものだ.


[PR]
by wriggle00 | 2014-02-23 15:13 | Carabidae

堀祭【淡路島編】

1月12日
堀祭2日目,早朝より一行は淡路島へと目指す.
皆の希望であるアワジヒメオサ,オオオサ,シコクヤコン,ヒトツメアオなどを採集するのが目的だが,私の心中では密かにまだ見ぬ淡路マイマイへの欲望が渦巻いていた・・・マイマイだけに.

淡路島への出撃は今回で4度目だが,この島のマイマイカブリは相当掘りづらいものだということを感づいており,他のオサムシの「ついで」では可能性が限りなく低いと予測.一通り目標が片付き次第,目を付けていたポイントに寄り道することを考えていた.

まずは手始めにS山にてアワジヒメオサ,オオオサを狙うことに.昨年の感じでは何の苦労もなく対面できると思っていたのだが・・・山の斜面は酷く乾燥状態にあり,昨年かなり捕れたエリアでも全くいないという事態が起こった.ヒメオサから苦戦するとは思っていなかった・・・思いたくなかった.
掘り続けながら,何とか沢沿いの湿気のある環境を見つけて全員が採集できたが,予想以上に時間を使ってしまった.ヤコンに至っては私が1頭掘り出したのみであった.(まぁ,ヤコンだから良いけど)
b0218371_12242857.jpg
オオオサムシ Carabus dehaanii Chaudoir, 1848
やはり淡路のオオオサは綺麗.他のメンバーが得た個体の中にはより鮮やかなブルーの個体がいて羨ましかった.
b0218371_12262537.jpg
アワジヒメオサムシ
Carabus japonicus awajiensis Imura, Dejima & Mizusawa, 1993
昨年の猛暑&乾燥で個体数が減ったのか,または何らかの環境的要因があったかは分からないが,個体数が減少したように感じた.同じように,今年はどこへ行ってもオサムシが少ない気がするが気のせいか・・・?

ひとまず淡路特産のオサムシが捕れたのでヒトツメアオの開拓に移動.開拓とはいっても前回得られた崖の近辺を見てみる程度だが.このポイント周辺は海岸林が発達しており,ウバメガシ,トベラ,カクレミノなどが多く生えている.メンバーが放尿中に見つけたこの昆虫も海岸林に多く生息する種である.
b0218371_2248750.jpg
オオキンカメムシ Eucorysses grandis Thunberg,1783
生きているときや死んだ直後は美しいのだが,しばらくするとラードのように油が出て残念な感じになる.ゲンゴロウ感覚で標本にした方が良いかもしれない.

適当に車を走らせていると,岩がゴロゴロしている草地に面した崖を発見.崖には木の根が剥き出しになった個所がいくつもあり,おまけに粘土質.ゴミムシに最適な優良物件だ.
手鍬を入れると早速オオクビボソゴミムシ,フタホシスジバネゴミムシ,オオスナハラゴミムシ,ムナビロアトボシアオゴミムシ,ニセコガシラアオゴミムシなどが顔を出す!いきなりリーチがかかった!!
※単一の種がわらわらと出てくる場合の「ノーマルリーチ」に対し,複数種の集団越冬が連続する「プレミアムリーチ」の方が上位種(仮)の出現確率が高い(どうでもいい情報なのでスルーしてください).
b0218371_12270901.jpg
オオヨツボシゴミムシ Dischissus mirandus Bates, 1873
オオヨツはなんといっても匂いが良い.この芳香だけで白飯が3合は食える.
b0218371_12273074.jpg
ヒトツメアオゴミムシ Chlaenius deliciolus Bates, 1873

予定通りオオヨツ,ヒトツメアオが捕れたので普通種の生態写真でも撮ろうと,私は皆が掘った後の崖を再度掘り始めた.まだ捕っていないムナビロアトボシを目当てに木の根の密集した部分を抉る.中はいい感じに空洞になっており,いかにもゴミムシの入っているような空間だ.

穴を広げていくと・・・なぜか空洞の中は白いカビのようなもので真っ白になっており内には明らかに初めて見る昆虫の姿が.
b0218371_12281048.jpg
!!!!!!!!????????

・・・なんだ?!こいつは・・・!!!
b0218371_12294006.jpg
最初はゴキブリかシロアリの類かと思ったのだが,どうやら半翅目のようだ.それもウンカかヨコバイ,ハゴロモの系統.しかし,体に対して長すぎる口吻を持っており,地下にいたことから直感的にヤバいものだと感じた.ベトナムではアリヅカウンカの類が朽木内に居たのを目にした経験があるが,淡路島にそんなものがいるとは考えられない・・・ってヤバい!!!!潜ってく!!!!!!

とりあえず1頭は無事に確保したので,さらなる追加を求めて掘削を再開.もはやこの時,オサゴミのことはすっかり頭から消えていた.さらに3~4頭を捕獲するうちに,地表面から丁度25~40㎝の間に多く生息していることが分かってきた.
b0218371_12300537.jpg
掘っているとこのように「白い空間」が目印になるので,傷つけることなく確保できた.
この白い空間の正体だが,こいつが時折する動きによって作り上げられていたことを知る.確保する前に個体を観察していると,腹部を地面にこすりつけるように左右にふりふり.まるで「カゲロウ」のようだ.この動きによって蝋物質が腹部から外れ,白い糸に包まれた住処を作り上げていたのだった.



そして・・・


b0218371_12302088.jpg
A森が掘り出したこいつの真の姿.
そう,白いカビのような物質は腹部から分泌している蝋物質だったのだ.この蝋物質は非常に外れやすく,恐らく今までの個体は手鍬で掘る動作の振動で落ちたか,その振動で自身が激しい動きをしたために外れたのだろう.

そしてここで新たな疑問が.散々この崖を掘ってきたわけだが,その間何頭ものムカデやゴミムシに遭遇した.
にも拘らず何故このウンカ達は土中の広い空間をできていたのだろう?
私に考えられる可能性としては・・・この蝋物質の忌避効果ではないかと思われるが,謎は深まるばかりである.非常に興味深い.


その後,忘れかけていたマイマイカブリの捜索にまたもや大移動.
沈んでいく夕日の中,淡路マイマイはA森の手にだけ握られていた......

ヒシウンカで全ての運を使い果たしていたようだ.






後日,A森が即行で農大に持って行ってくれた.三田さんから林先生に連絡が行き,本種は
ヒシウンカ科の若虫と判明.国内では殆ど情報がないということだったので,A森に生きたまま持って帰ってもらって正解だった.

しかし,ヒシウンカとは・・・

あいつらの幼虫が土壌性だなんて・・・
[PR]
by wriggle00 | 2014-02-13 23:01 | Carabidae

掘祭【葛城・金剛編】

1月11日

待ちに待った3連休2か月ほど前から計画を立てていた近畿でのオサ掘りが実現した.大学を卒業してからは単独での採集が多く,ましてや大学時代の戦友達と手鍬を交えることも少なくなってしまっていた.私が大阪にいる期間も残り少ないので,どうせなら皆を呼んでしまおうというのが企画の発端.

11日,早朝,梅田駅に懐かしい顔ぶれが.今回参加したのはS田(外道の方),T盤,M岡,A森(こいつとは頻繁に採集してるので懐かしくない).尚,T盤については遅れるという連絡があったため,採集地である大和葛城山の最寄り駅に集合というペナルティを科した.移動中の車内は外道チョイスのアニソンが鳴り響く.

9時半,現地に到着.ロープウェイで天界へと赴く.学生時代なら金がないので間違いなく自力で登ったものだが,社会人は時は金なり.文明の利器は惜しみなく使う(メンバーの大半が車に財布を忘れたため全て外道が支払った).方舟を降りると予想外の事態.
一面の雪化粧である.
大阪近辺だから積雪はまずないと舐め腐っていたため,いろんな意味で開幕から足元を掬われた.

雪がなんぼのもんじゃーい!!と一同は崖に向かって突撃!交戦状態に入る!!
手鍬が弾かれようがお構いなし.凍結している際は表層を軽く削っていればオサムシの
越冬窩はすぐ見つかる.出てくるオサムシで一番多かったのはやはりオオクロナガ.常に周囲はこいつの匂いが漂っていた.
b0218371_19390985.jpg
オオクロナガオサムシ
 Carabus kumagaii kumagaii
Kimura et Komiya, 1974

もうクロナガでも楽しい.やはり「捕りニケーション」は大切である.
オオクロナガはもはやどこにでも入っている様子.いい加減鬱陶しくなってきたため,苔が生えているような水分が十分にある崖を探す.苔が生えている崖はかなりカチカチに凍結しているため,予想以上に苦戦を強いられた.それでも皆黙々とオサムシを追加している.流石は農大昆研.私は学生時代に戻ったようで,終始懐かしさで一杯だった.
b0218371_21435589.jpg
イワワキオサムシ Carabus iwawakianus Nakane, 1953
今回の感じだとそこまで個体数は多くない印象.掘り出した時に裏返っているとドウキョウに見えて若干イラつくが良いムシ.初めは小さいドウキョウか,ミナミヤマトの大型個体かと思った.
b0218371_21480719.jpg
迷った時はゲニを見れば一目瞭然.

オサムシを崖から掘り出すと必ず斜面側に頭を向けているが,何か理由があるのだろうか.潜り込む際は頭から入るはずなので,越冬窩内でわざわ方向転換をするのは興味深い.
b0218371_20070454.jpg
オオオサムシ Carabus dehaanii Chaudoir, 1848
ここではオオクロナガに次いで大型の種.しかしゲニは並サイズ.オオオサはチュウブか淡路の個体が美しくて好きだ.福江島の個体も欲しいところ.
b0218371_20151187.jpg
アキタクロナガオサムシ
Apotomopterus porrecticollis porrecticollis Bates,1883
関東地方
の河川敷などでは朽木で捕れるイメージが強いが,今回は崖から得られた.個体変異だとは思うが関西のアキクロはマイマイと同じで黒っぽい印象(関西の個体は数を持っていないので根拠はない)

ドウキョウ狙いでひたすらカチカチの苔を掘削していると,小型のオサムシがぽつぽつ捕れはじめた.ヤマトオサムシの亜種,ミナミヤマトオサムシである.捕れ方がシズオカ狙い時のルイス,またはチュウブオオオサのマルバネに似ている.
b0218371_21575659.jpg

ミナミヤマトオサムシ 【通常色】
Carabus (Ohomopterus) yamato kinkimontanus Imura & Mizusawa, 2002
b0218371_21581150.jpg
ミナミヤマトオサムシ 【暗緑色型】
C.yamato kinkimontanus Imura & Mizusawa, 2002
小型のたくさん出るオサムシは大抵レアカラーが存在しており,それを集めるのも楽しい.エサキでも緑とか青が出る位なので,本種も色彩のバリエーションが多そうだ.ちなみにオサムシ図鑑をまだ買えてないのでさっさと入手したい.

b0218371_22144140.jpg
次に目を付けたのは写真のようなササが生えている崖.根をつたって多数のオサムシが越冬することだろう.絡み合っている地下茎を揺するとミナミヤマトに混じって中型のオサムシが「ポトッ」と土の上に落ちた.
b0218371_22223727.jpg
これは・・・奴か?
b0218371_22251965.jpg
間違いない.メインターゲットを達成!
b0218371_22262287.jpg
ドウキョウオサムシ 【黒色型】 Carabus uenoi Ishikawa, 1960

今回捕った個体は全てゲニを抜いて確認したのだが,赤いタイプも出るんですね.ドウキョウは黒い個体しかいないと思っていたので驚いた.赤い個体は適当にドウキョウの色変わりか他のなにがしかのオサムシだと思い込んでおり,ゲニを出した時に驚愕した.
b0218371_20012459.jpg
ドウキョウオサムシ 【赤褐色型】 C.uenoi Ishikawa, 1960
b0218371_22370561.jpg
右:イワワキ,左:ドウキョウ
どんだけデカいんだよ・・・・

皆がドウキョウを仕留めた辺りで採集を切り上げる.最後に倒木からホンマイマイを追加して帰路に着いた.
b0218371_22381461.jpg
ホンマイマイカブリ
Carabus (Damaster) blaptoides Kollar, 1836

葛城・金剛のオサムシはこれで全種かな・・・?・・1種足りない?ああ,ヤコンね・・・

淡路島編につづく・・・・

[PR]
by wriggle00 | 2014-02-01 22:54 | Carabidae