蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

タグ:ゴミムシ ( 22 ) タグの人気記事

隙間に潜む暗殺者

クチキゴミムシ Morion japonicum (Bates, 1883)

沖縄本島にて採集.

こちらもホソキボシアオと共にかなり好きなゴミムシ.
Catascopus程ではないがかなり素早い動きをする.常に物陰に隠れようとするシャイな子.
ゴミムシには珍しく横移動が可能.どの角度からでも樹皮下に入り込むことができる.
b0218371_1850446.jpg
全国的に珍しい種.朽木の奥深くに入っている訳ではなく,手で剥がせる程度の部分にいることが多い.
b0218371_18504299.jpg
前脚脛節の形状が素晴らしい.頭部も大きく顎の力も強い.樹皮下に棲む昆虫類にとっては脅威となるだろう.
b0218371_18504374.jpg
今回の生息環境はジュウジエグリゴミムシが多数いる様なシイ類の立ち枯れ.根元付近のシロアリ営巣部に複数個体を発見.好白蟻性ではないにしろ何か関連はありそうな予感.重要な餌資源になっているのかも知れない.

匂いはクロカタビロ・ナガゴミとアトキリ系統の匂いを混ぜた感じ.良い匂い.
[PR]
by wriggle00 | 2015-05-15 18:25 | Carabidae

芒と共に生ける者

私の最も好きなゴミムシであるホソキボシアオゴミムシの生態写真が撮れた.以前の記事にて多少は触れている虫だが,当時は捕獲するのに必死で生態写真を撮る暇など無かった.動きが恐ろしいほど速く捕獲には相当な困難を要する.
本種はススキ等の草本上及び周辺に生息し,成虫は主に鱗翅目の幼虫を捕食している.日中はススキの茎と葉の隙間や根元付近の隙間に身を隠している.夜間は捕食・配偶行動を盛んに行い,根元から葉先を往復するように移動しながら他株へと移動する.

本種を含むSubgenus Lissaucheniusが葉上生活に特化しているという訳ではなく,Subgenus Chlaenioctenusの中にも本種のような形態を持つ種がいるが,実際に生態を観察したわけではないので非常に気になるところ.タイ・ラオスでは本種と同様にススキを生息場所とする種を採集したことがあるので,東南アジア一帯にはかなりの種がいる模様.

台湾にはSubgenus Lissaucheniusに含まれるチュウジョウアオゴミムシ Chlaenius (Lissauchenius) chuji (Jedlicka, 1946)が生息しており,同様の生態を持つ.かつて我国のホソキボシアオゴミムシがチュウジョウアオゴミムシとされていた時代もある.台湾においてもホソキボシアオゴミムシが生息している可能性はあるので,是非とも調査をしたい.(Web上には台湾産のホソキボシアオゴミムシと思われる個体の写真があるのだが,符節・脛節の全てと腿節の一部が黒化していた.これは琉球産スジアオゴミムシ・コキベリアオゴミムシにも同じ色彩変異が見られる.)

ホソキボシアオゴミムシ Chlaenius (Lissauchenius) rufifemoratus (Macleay,1825)
沖縄本島にて.

b0218371_16484151.jpg
本種を採集するためにはビーティングネットの使用が最適.ススキの根元にビーティングネットを敷き,ススキを複数束ねてからかなり強い力で叩く.一撃で落とし,すぐさまネットを引き抜かなければ,ネットから直ぐに逃げてしまう.そのくらい高速なのである.夜間ならば徘徊している個体を素手で捕らえるとも可能.珍品とされているものの,採集法をマスターすればきっと何処でも捕れるに違いない.
b0218371_16484879.jpg
長い後脚を巧みに使い,細いススキの茎を高速移動する.他のアオゴミムシには絶対に出来ない芸当だ.
b0218371_16485524.jpg
ススキの葉中に潜り込んでいる個体.日中は大抵こうやって過ごしている.
b0218371_16485023.jpg
気になる匂いは他のアオゴミムシ類と変わらなかった.
b0218371_16485839.jpg
逆さまでも難なく歩行できる.捕食シーンを観察できなかったのは残念でならない.
[PR]
by wriggle00 | 2015-05-15 17:58 | Carabidae

砂の化身

5月24日

仕事終わりに河川敷へ.
時刻は22時.翌日も仕事が控えているのだが,それでも捕りたい虫があった.

ゴミムシに興味がある者なら誰もが憧れる種だと思う.

過去にもこの虫に出会ったことはあるのだが,ダムの外灯に飛来した個体を得たのみだったので,活動期の個体をルッキングで得たいと思っていた.そんな時,後輩のM尾からこの種が大量に捕れる河川敷を発見したと連絡が入ったのだ.これは身を削ってでも行くしかない.

全国的にも絶滅が危ぶまれている種なので,ポイント情報の一切を非公開とする.

非常に綺麗な水質の河川に生息していると言われているが,このポイントにおける他の生物相構成は大河川の中流域といったところ.魚類ではカワムツ,アブラハヤ,トウヨシノボリ,ヤマトシマドジョウが見られ,カジカガエルが沢山いる感じ.私自身はヤマメやイワナなどがいる上流域の虫とばかり思っていたので意外であった.
b0218371_18401562.jpg
アオゴミムシ Chlaenius pallipes Gebler, 1823

ルッキングを開始すると,ゴミムシの個体数の多さに驚いた.アオゴミ,ヒメキベリ,ノグチアオが優占種であったが,クロヒゲアオやキベリアオ,ミズギワゴミムシの類も非常に多い.
b0218371_18402493.jpg
セアカヒラタゴミムシ  Dolichus halensis Schaller, 1783

b0218371_18404069.jpg
オオフタモンミズギワゴミムシ Bembidion bandotaro Morita, 1991
b0218371_18403224.jpg
ウスイロコミズギワゴミムシ Paratachys pallescens Bates, 1873
b0218371_19462651.jpg
キベリアオゴミムシ Chlaenius circumductus Morawitz, 1862

この日は気温が低く,ゴミムシの動きも活発とは言えない.目的の虫は熱帯に広く分布しているので,気温が高くないと活動できないのかもしれない.しかし,その直後・・・

他のゴミムシの3倍以上の速度で歩行する虫が草の影に隠れるのを目撃.ヘッドライトの出力を弱めてその箇所を照らすと・・・・
b0218371_18410642.jpg
b0218371_18411560.jpg
カワラゴミムシ Omophron aequalis Morawitz,1863

初めて生息環境で見た感想は,とにかく素早い.一旦走り出してしまうと暗闇の中では再発見が困難なほど.本種が砂上に出てきたと思われる坑道が多数確認できたことから,かなりの個体数が生息しているようだ.
b0218371_18412156.jpg
b0218371_19565960.jpg
個体によって斑紋は様々.♀個体の方が明るい色をしていることが多かった.
b0218371_18413689.jpg
その姿はまさに砂の化身.


トータルで2時間弱しかポイントに居れなかったが,満足できる個体数を確保できた.このポイントが開発されないことを心から願っている.

[PR]
by wriggle00 | 2014-05-26 20:06 | Carabidae

堀祭【淡路島編】

1月12日
堀祭2日目,早朝より一行は淡路島へと目指す.
皆の希望であるアワジヒメオサ,オオオサ,シコクヤコン,ヒトツメアオなどを採集するのが目的だが,私の心中では密かにまだ見ぬ淡路マイマイへの欲望が渦巻いていた・・・マイマイだけに.

淡路島への出撃は今回で4度目だが,この島のマイマイカブリは相当掘りづらいものだということを感づいており,他のオサムシの「ついで」では可能性が限りなく低いと予測.一通り目標が片付き次第,目を付けていたポイントに寄り道することを考えていた.

まずは手始めにS山にてアワジヒメオサ,オオオサを狙うことに.昨年の感じでは何の苦労もなく対面できると思っていたのだが・・・山の斜面は酷く乾燥状態にあり,昨年かなり捕れたエリアでも全くいないという事態が起こった.ヒメオサから苦戦するとは思っていなかった・・・思いたくなかった.
掘り続けながら,何とか沢沿いの湿気のある環境を見つけて全員が採集できたが,予想以上に時間を使ってしまった.ヤコンに至っては私が1頭掘り出したのみであった.(まぁ,ヤコンだから良いけど)
b0218371_12242857.jpg
オオオサムシ Carabus dehaanii Chaudoir, 1848
やはり淡路のオオオサは綺麗.他のメンバーが得た個体の中にはより鮮やかなブルーの個体がいて羨ましかった.
b0218371_12262537.jpg
アワジヒメオサムシ
Carabus japonicus awajiensis Imura, Dejima & Mizusawa, 1993
昨年の猛暑&乾燥で個体数が減ったのか,または何らかの環境的要因があったかは分からないが,個体数が減少したように感じた.同じように,今年はどこへ行ってもオサムシが少ない気がするが気のせいか・・・?

ひとまず淡路特産のオサムシが捕れたのでヒトツメアオの開拓に移動.開拓とはいっても前回得られた崖の近辺を見てみる程度だが.このポイント周辺は海岸林が発達しており,ウバメガシ,トベラ,カクレミノなどが多く生えている.メンバーが放尿中に見つけたこの昆虫も海岸林に多く生息する種である.
b0218371_2248750.jpg
オオキンカメムシ Eucorysses grandis Thunberg,1783
生きているときや死んだ直後は美しいのだが,しばらくするとラードのように油が出て残念な感じになる.ゲンゴロウ感覚で標本にした方が良いかもしれない.

適当に車を走らせていると,岩がゴロゴロしている草地に面した崖を発見.崖には木の根が剥き出しになった個所がいくつもあり,おまけに粘土質.ゴミムシに最適な優良物件だ.
手鍬を入れると早速オオクビボソゴミムシ,フタホシスジバネゴミムシ,オオスナハラゴミムシ,ムナビロアトボシアオゴミムシ,ニセコガシラアオゴミムシなどが顔を出す!いきなりリーチがかかった!!
※単一の種がわらわらと出てくる場合の「ノーマルリーチ」に対し,複数種の集団越冬が連続する「プレミアムリーチ」の方が上位種(仮)の出現確率が高い(どうでもいい情報なのでスルーしてください).
b0218371_12270901.jpg
オオヨツボシゴミムシ Dischissus mirandus Bates, 1873
オオヨツはなんといっても匂いが良い.この芳香だけで白飯が3合は食える.
b0218371_12273074.jpg
ヒトツメアオゴミムシ Chlaenius deliciolus Bates, 1873

予定通りオオヨツ,ヒトツメアオが捕れたので普通種の生態写真でも撮ろうと,私は皆が掘った後の崖を再度掘り始めた.まだ捕っていないムナビロアトボシを目当てに木の根の密集した部分を抉る.中はいい感じに空洞になっており,いかにもゴミムシの入っているような空間だ.

穴を広げていくと・・・なぜか空洞の中は白いカビのようなもので真っ白になっており内には明らかに初めて見る昆虫の姿が.
b0218371_12281048.jpg
!!!!!!!!????????

・・・なんだ?!こいつは・・・!!!
b0218371_12294006.jpg
最初はゴキブリかシロアリの類かと思ったのだが,どうやら半翅目のようだ.それもウンカかヨコバイ,ハゴロモの系統.しかし,体に対して長すぎる口吻を持っており,地下にいたことから直感的にヤバいものだと感じた.ベトナムではアリヅカウンカの類が朽木内に居たのを目にした経験があるが,淡路島にそんなものがいるとは考えられない・・・ってヤバい!!!!潜ってく!!!!!!

とりあえず1頭は無事に確保したので,さらなる追加を求めて掘削を再開.もはやこの時,オサゴミのことはすっかり頭から消えていた.さらに3~4頭を捕獲するうちに,地表面から丁度25~40㎝の間に多く生息していることが分かってきた.
b0218371_12300537.jpg
掘っているとこのように「白い空間」が目印になるので,傷つけることなく確保できた.
この白い空間の正体だが,こいつが時折する動きによって作り上げられていたことを知る.確保する前に個体を観察していると,腹部を地面にこすりつけるように左右にふりふり.まるで「カゲロウ」のようだ.この動きによって蝋物質が腹部から外れ,白い糸に包まれた住処を作り上げていたのだった.



そして・・・


b0218371_12302088.jpg
A森が掘り出したこいつの真の姿.
そう,白いカビのような物質は腹部から分泌している蝋物質だったのだ.この蝋物質は非常に外れやすく,恐らく今までの個体は手鍬で掘る動作の振動で落ちたか,その振動で自身が激しい動きをしたために外れたのだろう.

そしてここで新たな疑問が.散々この崖を掘ってきたわけだが,その間何頭ものムカデやゴミムシに遭遇した.
にも拘らず何故このウンカ達は土中の広い空間をできていたのだろう?
私に考えられる可能性としては・・・この蝋物質の忌避効果ではないかと思われるが,謎は深まるばかりである.非常に興味深い.


その後,忘れかけていたマイマイカブリの捜索にまたもや大移動.
沈んでいく夕日の中,淡路マイマイはA森の手にだけ握られていた......

ヒシウンカで全ての運を使い果たしていたようだ.






後日,A森が即行で農大に持って行ってくれた.三田さんから林先生に連絡が行き,本種は
ヒシウンカ科の若虫と判明.国内では殆ど情報がないということだったので,A森に生きたまま持って帰ってもらって正解だった.

しかし,ヒシウンカとは・・・

あいつらの幼虫が土壌性だなんて・・・
[PR]
by wriggle00 | 2014-02-13 23:01 | Carabidae

ゴミムシ写真

3月3日の採集で得られたゴミムシの写真.
ヨツモンカタキバゴミムシ Badister pictus Bates, 1873.
b0218371_15554432.jpg
b0218371_15554553.jpg
b0218371_15555293.jpg
b0218371_1556995.jpg
セグロマメゴモクムシ Stenolophus connotatus Bates, 1873.
灯火に良く来る種だが,掘りで出したのは初めてだった.
b0218371_1556027.jpg
ヒメホソクビゴミムシ Brachinus incomptus Bates, 1873
コホソクビゴミムシに似ているが前胸背板が短いなどで区別できる.生息環境もコホソクビは渓流などを好むが,本種は山間の水田付近の水が出しているような土手などを好む印象がある.
[PR]
by wriggle00 | 2013-03-06 16:30 | Carabidae

掃除が捗りません

 昆研の自分のデスク回りもそろそろ片づけなければならなくなってきた.とりあえず印篭箱に入っている標本をドイツ箱に移す作業を始めた.
b0218371_16442461.jpg
今日はアオゴミ箱を整理.
b0218371_161989.jpg
ホソキボシアオゴミムシ Chlaenius (Lissauchenius) rufifemoratus Macleay,1825. 
Callistinaeの中でも一番思い入れの深いのがこいつ.
 石垣島で一頭捕り逃がし,与那国島でススキを死ぬほどビーティングして手に入れた思いでの虫である.ビーティングネットに落ちてきた時は狂喜乱舞したのを思い出す.
 昼間はイネ科草本の葉と茎の隙間に潜んでおり,隙間に入り込むのに適した扁平な形態をしている.夜間は草本上から降りてきて別の草へ移動したり,地面で摂食活動を行っていた.動きが半端なく速く,地面に降りてしまった個体を素手で捕らえるのは困難.
b0218371_16143655.jpg
各地にごく普通に見られる地表性のキボシアオゴミムシ(神奈川県)と草上性のホソキボシアオゴミムシ(与那国島)の側面から見た画像を作ってみた.比べてみると相当薄っぺらい事が分かる.Hexagoniaほどではないが.
[PR]
by wriggle00 | 2013-03-01 16:41 | Carabidae

週末

 明日から免許更新の為栃木へ.
帰るついでに河川敷に行ってきます.

ヨツボシゴミムシ Panagaeus japonicus Chaudoir,1861.
b0218371_1785258.jpg
日本産ヨツボシゴミムシの中で最も普通の種.派手すぎないオレンジ色が美しい.
b0218371_1784837.jpg
見方を変えれば鉄十字章にも見える.

 河川敷や水田近く,時にはスギ林内でも目撃したことがある.生息範囲はスジアオゴミムシ並みに広い.灯火にも飛来する.
[PR]
by wriggle00 | 2013-02-22 17:22 | Diary

ゴミムシ写真

室内で撮り直した写真です.

ヒトツメアオゴミムシ
Chlaenius (Callistoides) deliciolus Bates, 1873.
b0218371_18342585.jpg
b0218371_18342087.jpg
b0218371_18354050.jpg
b0218371_18371659.jpg

b0218371_18362572.jpg
日本産アオゴミムシ随一の美麗種だと思う.
チビヒトツメアオも酢エチ〆のしょぼい標本しかないので捕りに行きたいなぁ・・・
[PR]
by wriggle00 | 2013-02-20 18:43 | Carabidae

淡道之穂之狭別島

2月18日
会社の研修の為,下阪する.
 研修終了後,大阪から六甲へ向かい神戸大学へ.神戸大では卒論発表直前でピリピリしていたが,楽しい時間を過ごせた.神戸大からW辺さん,I藤,F江と共にI藤宅へお邪魔し,軽く飲んだ.I藤が料理が上手いのは農大も神戸大も共通していた.

2月19日
 今回一番楽しみだった淡路島での採集日.生憎の天気であったが昼頃には回復しそうだったので決行.明石海峡大橋を渡り淡路島へと向かう.
b0218371_17291926.jpg
景色が良い所なのだろうが何も見えなかった.残念.
 淡路島に上陸すると,想像を絶する景色が.雪によって山々が白く見える.もっと暖かいイメージがあったので東北採集のトラウマが蘇る.
b0218371_17123666.jpg
照葉樹林が雪に覆われているのは中々見たことが無い風景だった.
b0218371_17122336.jpg
吹雪の中良さそうな崖を発見!関西初のオサ掘りである.
 崖の質も関東とは大分違うところが多い.砂礫の上に粗い黒土が覆っている感じだ.黒土の部分をそっと掘っていると,記念すべき関西の虫第一号が現れた.
b0218371_17124748.jpg
アワジヒメオサムシ Carabus japonicus awajiensis Imura, Dejima & Mizusawa, 1993.
b0218371_17125859.jpg

 この種は淡路島でも限られた地域にしか分布していないらしい.ヒメオサムシ種群自体が初採集なので非常に嬉しい.比較的容易に採集することができた.
b0218371_21212524.jpg
分布している山塊は限られているものの,個体数は多い模様.

 引き続き掘っていると大型のオサムシが現れた.オオオサムシである.ここのオオオサは青みが強い印象を受けたが,〆ると色が落ちてしまうらしい.
b0218371_17123288.jpg
オオオサムシ Carabus dehaanii dehaanii Chaudoir, 1848.
b0218371_21212151.jpg
 次に得られたのがヤコンオサムシ.関西虫屋にとっては「ああ,ヤコンか・・・」程度の虫なのだが,私は初採集.嬉しくないはずがない!こんな真っ黒で気品があるオサムシなのに!※一年後にはこの感情は消えているでしょう.
b0218371_17561976.jpg
ヤコンオサムシ Carabus yaconinus yaconinus Bates, 1873.

 オサムシ類が一通りお腹いっぱいになったところで今回のメインターゲットである,とあるゴミムシの採集に向かう.W辺さんとI藤は九州で崖をスウィーピングして大量に得ているらしく余裕の表情だ.到着したポイントは荒れた草地.こんなところに奴は本当にいるのだろうか.見た目は酷く乾燥している様な崖を掘るとプーゴミ(ホソクビゴミムシ)やニセコガシラアオ,ムナビロアトボシ等が犇めき合っている.こんな崖の条件が良いのだとか.
 乾いた崖を掘っていると若干ウエットな部分に隙間があり,ダンゴムシやムカデが詰まっている.この様な物件をいくつか覗いていると,お尻にかわいい模様のあるエリトラがちらっと見えた.
・・・やっと・・・逢えたね・・・
b0218371_17131167.jpg
ヒトツメアオゴミムシ Chlaenius deliciolus Bates, 1873.
b0218371_20594999.jpg
動きはけっこう素早い.油断していると隙間に潜りこんでしまう.
b0218371_17133592.jpg
 オオサカアオと同じような所で採集出来ると思っていたのだが全然違う.湿地の有無は本種には関係無い.オオヨツボシと同様に草地(オープンランド)を好む様だ.
b0218371_17133347.jpg
オオヨツボシゴミムシも同崖から多数得られた.

 新幹線の時間もあるので,日が暮れる前に駅へと送ってもらった.本当は2,3日採集したかったのだが予定があるため断念.来年からはこの様な素晴らしい所に行き放題だと考えるとわくわくが止まらない.
[PR]
by wriggle00 | 2013-02-20 18:33 | Carabidae

卒論発表会まであと4日

[写真:静岡県 2010]

だれの家?
b0218371_2145055.jpg
b0218371_215336.jpg
オサムシモドキでした♪
[PR]
by wriggle00 | 2013-02-05 21:14 | Diary