蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

タグ:ツヤキベリアオゴミムシ ( 2 ) タグの人気記事

ゴミムシ写真

美麗種2種をディフューザーを着けて撮り直し.
生態写真風に苔を敷いた.
※クリックで拡大されます.

オオサカアオゴミムシ
Chlaenius (Callistoides) pericallus Redtenbacher,1867.

b0218371_17195033.jpg
b0218371_172124.jpg

ツヤキベリアオゴミムシ
Chlaenius spoliatus motschulskyi Andrewes, 1927.
b0218371_1731286.jpg
b0218371_17183814.jpg
b0218371_17184398.jpg
b0218371_17182948.jpg
美しすぎる.
[PR]
by wriggle00 | 2013-01-21 17:29 | Carabidae

池沼の激戦(後編)

 1月19日
 ボウソウマイマイを手にした一行だったが,肝心のゴミムシの種数が一向に上がらず焦っていた.2ヵ所目の沼も外し,最後のポイントへ向かう.この沼は2か所目の沼よりも水質が良好で,隣接した草原には野焼きをした跡があった.皆無言で水際の足場に取り付き,掘り始める.私はふと見渡すとアシ原があるのを見つけ,その近くにあった崖に本陣を構える.
 一掘り目でミイデラゴミムシ,コキベリアオゴミムシ,コガシラアオゴミムシのマンションが出てきた.掘り出されたゴミムシ達は水面に落ちてもがいている.
b0218371_20205267.jpg
ミイデラゴミムシ Pheropsophus jessoensis
b0218371_20224719.jpg
コキベリアオゴミムシ Chlaenius circumdatus
b0218371_20212597.jpg
コガシラアオゴミムシ Chlaenius variicornis

 この様子から,崩した泥を水中に皆落とすという方法をとることに.そうすれば泥の中から勝手にゴミムシが浮いてくるのだ.湿地生のゴミムシの体はかなり水を弾くため泥に塗れたりはしないので見つけやすいのである.この方法でアトワアオゴミムシ,フタホシスジバネゴミムシ,オオホソクビゴミムシ,セスジヒラタゴミムシ,アオヘリホソゴミムシなどが採集できた.しかし,肝心のオオサカアオが出ない.ここまでリーチがかかっているのに上位種が出てこないとは・・・
b0218371_20334546.jpg
アトワアオゴミムシ Chlaenius virgulifer
b0218371_20335116.jpg
フタホシスジバネゴミムシ Planetes puncticeps
b0218371_2034780.jpg
オオホソクビゴミムシ Brachinus scotomedes
b0218371_20341973.jpg
セスジヒラタゴミムシ Agonum daimio
b0218371_20342879.jpg
アオヘリホソゴミムシ Drypta japonica

 崖の上部を掘っていてもなかなかオオサカアオは得られない.掘る場所が無くなったので,今まで足場として使っていた崖というより水面に接した泥の塊のような所を掘ってみた.同じようにコキベリやヒメキベリが水面に落ちていく.またこいつらか・・・と崖の上部で少しタバコでも吸うかと腰かけ,一服を始めた.しばらく水面でもがいているゴミムシを見ていると,まさかのゴミムシが浮かんでいたのだ.

 コキベリにしてはでかい・・・

 オオキベリにしては小さい・・・

 んで,ツヤツヤ・・・・・・

ッッッッッッッッッ!!!

エエエエエエェェェェ(((*゚Д゚*)))ェェェェエエエエエエ

b0218371_20402974.jpg
ツヤキベリアオゴミムシ Chlaenius spoliatus motschulskyi Andrewes,1927
 まさか!!まさかツヤキベリがいるとは!!!!オサ掘りを始めてした時から憧れの虫だったあのツヤキベリがまさに目の前で溺れかけている!!(私のせいだが)急いで救出し,VIPルームにご招待.生かして持ち帰り,亜硫酸で〆るためだ.
その後全員で18頭を追加することができた.
b0218371_1257848.jpg
赤と緑の構造色が美しい.角度によって色が変わる
b0218371_20403755.jpg
コキベリと比べても風格も気品もケタ違い!
b0218371_20404020.jpg
湿地生ゴミムシの夢のコラボ

 やはりツヤキベリはアシ原が絶対条件のようだ,アシが生えていても水質が悪かったりすると生息していない印象を受けた.捕れた沼はかなり広かったが,時間の関係で2~3mの範囲でしか採集することはできなかったが,環境を残すためにも「腹八分目」は大切だと思う.

 今回は本当に大満足の採集であった.やはり同年代のメンバーでの採集が一番楽しい事を実感.帰りに横浜駅近くで中華料理を食しながら祝杯をあげ,帰路についた.

沼地の神様,本当にありがとうございました.
[PR]
by wriggle00 | 2013-01-19 21:07 | Cerambycidae