蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

弘法山

 昨日は弘法山に足を運んだ.
日曜日に新一年生の強化採集会を行う為の下見も兼ねている.
山はすっかり春の陽気になっていて,冬眠から覚めたのか,カエルの鳴き声も聞こえてきた.
今年は花が一斉に咲いた感があり,サクラ,カエデ,キブシ等が満開であった.
b0218371_13153959.jpg
 山に入る前の林道
b0218371_13155027.jpg
 湿地環境

少し歩くと大きなカエデのポイントがある.
掬って見るとヒナルリとキバネニセハムシハナに混じり、コジマヒゲナガコバネが入った.
b0218371_13153533.jpg
 コジマヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra kojimai ♀

吸虫管では追いつかないほど虫が入るが,殆どがヒメクロトラカミキリだ.
残念ながらヤマトシロオビトラは混じっていなかった.
b0218371_13192336.jpg
 ヒメクロトラカミキリ Rhaphuma diminuta

b0218371_1316285.jpg
 トガリバアカネトラカミキリ Anaglyptus niponensis

 時折,トガリバアカネトラやホソトラ,トゲヒゲトラも姿を見せた.
どれも普通種であるが,シーズン初めの肩ならしにはちょうど良い.
トガリバアカネトラはトラカミキリのなかでは珍しく疑死する事が知られている.

b0218371_13155854.jpg
 コジマヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra kojimai ♂

 帰りがけにヤマブキを掬ったところ,コジマヒゲナガコバネの大きな♂が得られた.採集はこの辺で終わりにする事に.その後,農大経由で大久保へ,科博の飲みは野村先生を交えて行われた.バイトの内容が変わったりと,色々忙しくなりそうだ.
[PR]
by wriggle00 | 2011-04-16 13:33 | Cerambycidae