蠢蝦螽蟷昆蟲記

sawadaidae.exblog.jp

東京に戻りました

1年間の大阪勤務が終わり,東京の事業所へ転勤致しました.

大阪での1年はとても有意義なものでした(虫的にはやり残したことが多いですが).しばらくは転勤等はないのでまた関東での採集活動がメインとなります.
今年は溜まっている知見の報文作成もやりつつフィールドに繰り出そうと思っております.


さて,引っ越し前に確保してきた材から,続々と羽化が始まりました.桜も完全に散り,虫のシーズンも開幕したようです.

〔材採集:京都府京都市〕
植物名:ソヨゴ Ilex pedunculosa

b0218371_17253323.jpg
クビアカモモブトホソカミキリ
Kurarua rhopalophoroides Hayashi, 1951

カエデの花などに訪花している個体が大量に捕れるので,材採する意味があまりない種類だが,昨年の材からは全く出なかったので材採リベンジ.
b0218371_17253287.jpg
狙うべき材はこんな感じの切断面.米粒とほぼ同じくらいの食痕なので分かりやすい.早速ホソアリガタバチ Sclerodermus harmandi Buysson, 1903 による進撃が開始されているが,クラルアはすでに成虫になっているため安心だ.
b0218371_17253255.jpg
材上を歩行する脱出直後の個体.
b0218371_17543849.jpg
かなりの飛びたがりや.エリトラの湾曲が少なく直線的.
b0218371_17253363.jpg
アオマダラタマムシ Nipponobuprestis amabilis Snellen von Vollenhoven, 1864

このソヨゴ材には大きな食痕は認められなかったので本種が脱出した時は驚いた.この個体は黄緑色が強いが青~赤味がかる個体もいる.属名
buprestisはクロタマムシなどが所属する属だが,Nipponoが付くことで上品で気高い趣があることを意味している(嘘)
b0218371_17253389.jpg
腹面も美しい.
b0218371_17253275.jpg
こちらは赤味の強い個体.アオマダラというよりはキマダラという印象だが一気にランクダウンしそうな名前になるので文句は言いませんw
b0218371_17253283.jpg
この分だとまだまだ羽化しそうだ.大型の寄生蜂が出てくれないか期待している.
b0218371_17253239.jpg
コガネコバチの動きにそっくり.左右に体を揺するような動きは体表面の金属光沢と関係があるのだろうか.

[PR]
by wriggle00 | 2014-04-23 18:15 | Cerambycidae